井上有子マリンバコンサート〜秋麗、ヴァイオリンの音と〜
日時: 2015年11月8日(日)14:00開演(13:00開場)
入場料:一般 3,000円(当日 3,500円)
小中学生 1,800円(当日2,200)   

 出演:井上有子(マリンバ)
     小森絹子(ヴァイオリン)
     

 〜Proguram〜
*A.ピアソラ作曲「タンゴの歴史」、
王健治作曲 マリンバソロのための新曲初演、
D.ジョーンズ作曲「リーガル・ハイズ」 ほか

   
井上有子(マリンバ)    小森絹子(ヴァイオリン)

井上有子 (マリンバ)
名古屋市生まれ各務原市育ち。幼少よりマリンバとピアノに親しむ。県立岐阜高等学校卒業後、桐朋学園大学で、世界的マリンバ奏者・安倍圭子に師事。ハンガリー国立リスト音楽院に留学。2009年イタリア・ラグーザ「IBLAグランドプライズ」でマリンバ最高位・特別賞受賞等、数々のコンクールで受賞経験を持つ。
マリンバソリストとして名古屋フィルハーモニー交響楽団と、ハンガリーでAmadinda Percussion Group、歌や管楽器等との共演をする。NHK教育TV、ZIP-FMに出演の他、韓国でCDレコーディングも行う。後進の指導やマリンバの作・編曲活動も手掛ける。現在ロサンジェルス在住。

小森絹子 (ヴァイオリン)
愛知県春日井市出身。桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業、
同研究科終了。2011年、リサイタルを行う。
これまでに長谷川敏子、佐々木はるる、小林健次、各氏に師事。
現在、名古屋フィルハーモニー交響楽団団員。 ソロ、室内楽奏者としても活動中。

王健治 (作曲)
兵庫県立神戸高等学校1年次よりコンピュータを用いた作曲活動を開始。京都教育大学情報音楽専攻、在学中より商業音楽作曲家として活動開始。学士取得後5年間フリーランスとして日本で活動後渡米、サンフランシスコ音楽院にて奨学金給費生としてDavid Garnerに作曲を師事、修士号取得。
エソテリクスPOLYPHONOS作曲賞全米部門、サンフランシスコ・上海国際室内楽祭作曲賞、その他多数受賞。モントリオール世界映画祭出品作品等、多くのメディア音楽の作曲等でも活躍中。 現在ロサンジェルス在住。

 ※全自由席です。
 ※小学生未満の方は入場不可とさせていただきます。
 ※館内への飲食物の持ち込み及び館内での喫煙・撮影はご遠慮ください。
 ※入場は予約優先とさせていただきます。
 ※当日は所蔵品企画展『熊谷守一展』及び常設展をご覧頂けます。
電話またはFAXにてご予約受付中!
ご予約の際は、お名前・電話番号・予約人数をお伝え下さい。
〒502-0071 岐阜県岐阜市長良福土山3535
TEL:058-295-3535  FAX:058-232-5130